【源泉所得税の納付】
源泉所得税の納付

合同会社を設立しましたら、定期的に行わないといけないことの一つが『源泉所得税の納付』です。 たとえ従業員を雇っていなくても、自身の役員報酬から天引きされた所得税を会社から納付しなければなりません。

納付を毎月ではなく、年に2度にする

普通では毎月10日に納付することになりますが、特例として年2回にまとめて納付とすることができます。

事前に『源泉所得税の納金の特例の承認に関する申請書』なるものを税務署に提出しておくことによって 年二回 7月10日(1~6月分)と1月20日(7~12月分)でまとめて納付することができます。

ここでは7月に源泉徴収所得税をe-taxで納付した手順について覚書きします。

税務署からはがきが届く

納税のタイミングが近づくと、税務署からお知らせのはがきが届きました。 納付の方法はいくつかありますが、クレジットカードやオンラインバンキングで納付ができるe-taxでの納付にすることにしました。

所得税徴収高計算書の申告

  1. e-Taxソフトを起動したら、申請に使用する利用者情報を開きます
  2. 作成メニューの「申告・申請等」をクリックします
  3. 「新規作成」をクリックします
  4. 「申請・届出」⇒「源泉所得税」を選択し、「次へ」をクリックします
  5. 「徴収高計算書関係」⇒「給与所得・退職所得等の所得税徴収高計算書(納期特例分)」を選択し、「次へ」をクリックします。
  6. 任意の名称を入力し、「OK」をクリックします
  7. 申告者の基本情報を入力し、「OK」をクリックします
  8. 作成された帳票名を選択し、「帳票編集」をクリックします
  9. 申告書を入力し、「作成完了」をクリックします
  10. 「送信可能一覧へ」⇒「送信」をクリックします
  11. 作成した申告書を選択し、「送信」をクリックします
  12. 利用者識別番号と、暗証番号を入力し「OK」をクリックします
  13. 即時通知結果画面が表示されれば、送信完了です

所得税の納付

  1. 「メッセージボックス」⇒「メッセージボックス」をクリックします
  2. 送信した申告書を選択し、「詳細表示」をクリックします
  3. 画面の表示される情報を用いてATMやインターネットバンキングで納付したり、下部ボタンよりクレジットカードによる納付ができます